本文へスキップ

人権擁護活動の推進及び人権尊重思想の普及高揚に寄与します

協力会からのお知らせ

2019年3月のお知らせ

1.北朝鮮による「拉致問題を考える講演会とコンサートの集い」の実施について

北朝鮮による「拉致問題を考える講演会とコンサートの集い」の実施について平成30年12月22日(土)、神戸市文化ホール(中ホール)において、主催・全国人権擁護委員連合会、近畿人権擁護委員連合会、兵庫県人権擁護委員連合会、法務省、神戸地方法務局、兵庫県、協賛・公益財団法人人権擁護協力会(以下「当会」という。)、後援・兵庫県下全市町及びマスコミ関係団体ほか多数による「拉致問題を考える講演会とコンサートの集い」が開催され、当会は協賛団体として、中村浩紹理事長が出席いたしました。

なお、詳細は、全国人権擁護委員連合会からご寄稿いただいた人権のひろば第126号「委員活動」で紹介されております。

当会といたしましても、拉致問題に関して今後とも協賛団体として開催経費の面からも協力してまいる所存です。


2.当会への平成30年度の会費・寄附の状況及びその使途について

公益財団法人人権擁護協力会の会員の皆様に対する平成30年度会費の納入につきまして、昨年9月26日付け文書によりお願いしましたところ、本年1月末現在で、185名の皆様から会費230万2,800円及び寄附金85万2,000円をいただくことができました。皆様方のご厚意に、衷心より厚くお礼申し上げます。

これらの会費・寄附金につきましては、全国人権擁護委員連合会主催の行事への支援のほか、全国中学生人権作文コンテスト都道府県大会入賞者に対する副賞「書画で見る世界人権宣言」冊子の製作費等すべて啓発活動に使用させていただいております。

当会は、今後も実効性のある人権擁護活動を推進してまいりますので、会員の皆様には、引き続き、ご支援・ご協力を賜りますようお願いいたします。


3.専務理事の交代について

当会の諏訪和則前専務理事は、昨年12月30日付けで辞任し、その後任として本年2月1日付けで東博之が専務理事に就任しました。

東専務理事は、業務執行理事・事務局長として、諏訪前理事の任期である平成31年度の事業年度に関する定時評議員会の終結までが任期となります。

東専務理事は就任に際し、「今後とも、当会の事務処理を適正・円滑に運営するよう努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします」と抱負を語っていました。



※以下の見出しをクリックすると過去のお知らせ内容の表示/非表示が切り替わります。

2019年1月のお知らせ

2018年11月のお知らせ

2018年9月のお知らせ

2018年7月のお知らせ

2018年5月のお知らせ

2018年3月のお知らせ

2018年1月のお知らせ

2017年9月のお知らせ

2017年7月のお知らせ

2017年5月のお知らせ

2017年3月のお知らせ

2017年1月のお知らせ

2016年11月のお知らせ

2016年9月のお知らせ

2016年7月のお知らせ

2016年5月のお知らせ

2016年3月のお知らせ

2016年1月のお知らせ

それ以前の記事はこちらから